フリータイプの人気の高さはどこにあるのでしょうか?【rasmohamed】

フリーツアーの魅力やレジャー中心のツアーの楽しみ方をお伝えしてます。 - 沖縄は、食目当てに旅行をしても楽しめる

沖縄は、食目当てに旅行をしても楽しめる

沖縄への旅行は、食を楽しむのも旅の醍醐味だといえます。沖縄の食文化は、本土のものとは少し異なっていますから、その土地ならではのものをたくさん食べたいという人でも満足することができるでしょう。
沖縄の食文化にハマって、それを旅の目的にしている人も大勢いるんですよ。どんな魅力があるのでしょうか。

南国ならではの食材

南国ならではの食材は、本土では食べることができません。カラフルな魚や、ドラゴンフルーツ、スターフルーツ、海ぶどうなど、沖縄でしか取れない食べ物を食べたくて中央市場を訪れる人も多いようです。
また、南国ならではではありませんが豚足やミミガー、豆腐ようなども沖縄独特の食材として愛されています。

独自の文化から発展した料理

沖縄は家庭料理も人気ですよね。ゴーヤチャンプルーやソーメンチャンプルーなどは、現地の人も利用している大衆食堂などで食べることができます。また、サーターアンダギーのような家庭的なおやつも人気です。
また、家庭料理ではありませんがソーキそば、沖縄そばも沖縄ならではの料理です。本土のそばやうどん、ラーメンとはまた違った麺類として、旅で食べるのを楽しみにしている人は多いです。
ソーキそばは、本土のラーメン店のように、お店ごとに味や特徴がそれぞれに違うので、いろいろなお店の味を比べながら食べられるというのも魅力になっています。

アメリカ文化から発展した料理

沖縄はアメリカ軍の手にあった時代がありました。そのため、食文化にもアメリカの文化が影響しているところがあります。アメリカンサイズのお肉が豪快に食べられるステーキハウスなどは、那覇市の国際通りの人気スポットになっていますよね。
また、人気の料理の一つであるタコライスも、アメリカの文化の影響を受けていると言われています。

食べることが大好きな人も満足できる沖縄

沖縄旅行は、食を目当てに行っても楽しむことができるくらい、食文化に大きな魅力があります。多面性のある食を楽しむことができるのも大きな特徴で、食べることが大好きだという人にとっても、満足できるでしょう。何度訪れても新しい発見があるのが沖縄の食文化の面白さだともいえます。
南国産の食べ物だけでなく、沖縄独自の料理、アメリカ文化の影響を受けている料理、沖縄独特のスイーツ、泡盛などの特有のお酒など、たくさんのみどころ、食べどころがあるので、ぜひ、いろいろなお店に足を運んで、おいしさを追求してみてはいかがでしょうか。

  « 前の記事: を読む  

観光スポット一覧サイト

沖縄の観光スポット・イベント一覧-じゃらん観光ガイド 沖縄本島の人気の観光名所ランキング - MAPPLE 観光ガイド 沖縄観光マップ/沖縄旅行・観光は沖縄トラベル